Implant

インプラント

What is implant treatment?

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯の抜けた所に人工歯根(インプラント)を埋めて顎の骨としっかり結合させた後に人工歯を被せる歯科治療のことです。この治療を受けることで、自然歯と同程度の外観と咬合機能が備わっている歯を手に入れることができます。

 

ブリッジや義歯のように健康な歯にダメージを与えることはなく、違和感もありません。インプラント治療はその優れた機能から、"第二の永久歯"を手に入れられる治療と呼ばれています。

Main ingredients of the implant

インプラントの主原料

インプラントの主原料

一般的には、インプラントはチタンを主原料にしています。チタンは別名「チタニウム」とも呼ばれ、非常に安定している物質です。耐久性や生体安全性に優れている、錆びにくい、軽いなどの特徴があるため、インプラント治療との相性は抜群です。

On the Implant System of our hospital

当院のインプラントシステムについて

当院は最新の診断システムである、ノーベルクリニシャンを採用しております。CTデータを利用してガイドサージェリーを作成し、埋入することで正確かつ安全に治療を行うことが可能です。

ノーベル・バイオケア・ジャパン株式会社

Treatment flow using the NobelGuide guide

ノーベルガイドを利用した治療の流れ

ノーベルガイドを利用した治療の流れ

1.CT撮影

CTとはX線を利用して体内の断面図を撮影する技術で、立体的に神経、血管、骨などの様子を把握することができます。

Please reload

2.コンピューター上で治療を計画

歯科医師はCT撮影データから得られた情報をもとに、神経や太い血管を避けながらインプラントの埋め込み位置を計画します。

Please reload

3.治療方法・費用のご説明

歯科医師が、画像をご覧にいれながら治療の計画内容や費用に詳しい説明をします。

Please reload

4.インプラント手術

治療計画に基づいてインプラントを埋め込むために、サージカル・テンプレートをお口に取り付けます。そして、インプラントを埋め込みます。

Please reload

5.最終的な歯の取り付け

インプラントと骨が結合している良好な状態を確認した後、最終的な歯を取り付けます。

Please reload

Main ingredients of the implant

インプラント治療の流れ

診断

1.診断

レントゲンなどによって診断した後、治療に関する十分な説明を行います。疑問点などがございましたら、何でもおっしゃってください。

Please reload

手術

2.手術

まずは局所麻酔を打ちます。その後に、チタン製で小さなネジのような形をした人工歯根を顎の骨の中に埋め込みます。

Please reload

結合

3.結合

人工歯根と顎の骨がしっかりと結合するまで、6~24週間(※)ほど待ちます。この期間は、人工歯根の上には仮歯を設置します。

※なおこの期間は骨の状態などにより異なります。あくまでも目安としてお考えください。

Please reload

4.装着

顎の骨と人工歯根がしっかりと結合したら、人工歯を被せます。

Please reload

5.定期検診

インプラントが長持ちできるよう、定期検診などのメインテナンスを受けましょう。メインテナンスさえしっかりしていれば、インプラントを半永久的に使用することもできます。

Please reload

Life of the implant

​インプラントの寿命

インプラントの寿命

インプラントは人工歯なので、歯周病や虫歯になることはありません。しかし口の中の清掃状態が悪いと、インプラント周囲炎になり抜け落ちてしまうことも考えられます。

 

毎日のブラッシングや定検診などのメインテナンスを受け、この"第二の永久歯"を大切に守っていきましょう。しっかりとメインテナンスを施すことで、インプラントの寿命は半永久的に続きます